納得できる職場を探すコツや求人サイトを選ぶポイントを伝授します

働くうえで何を重視するのか決めることが大事

貿易事務やタクシードライバーの求人を探す前に、まず自分の優先したいことと向き合うことから始めることです。企業によっては、それぞれ強みとしているところが違います。自分が仕事を行なう際に最も大切にしたいことを考えましょう。

信頼できる求人サイトを選ぶポイントBEST5

no.1

求人数の多さ

求人サイトを選ぶ際に最も重要なポイントが求人数になります。国内だけでも求人サイトは数多く存在しますが、実際にきちんとサイト運営している会社は限られているでしょう。そのため、一定数の求人数があるかをちゃんと確認することが大切です。

no.2

総合型か特化型か

次に、総合型求人サイトか特化型求人サイトを選ぶことが大事です。もし、会社の分野にとらわれずに色々な求人を見たいのであれば、総合型がおすすめになります。逆に、自分がやりたい職種や業種などがすでに決まっている場合は、特化型サイトを利用しましょう。

no.3

SEOの強さ

選ぶポイントとしSEOと呼ばれる、各ブラウザの検索結果でよく出てくれるサイトかどうかというのも選ぶ上で大切なポイントになります。このSEOに強いということは、サイト内の職種や業界などのデータベースがしっかりと整理されているということになります。

no.4

使いやすいか

良い求人サイトは使いやすさが全然違います。使いやすいサイトだと、ストレスフリーで利用することが出来て、機能性も十分にあります。ユーザー登録画面や求人情報の検索、応募企業とのやり取りなどの使いやすさについても重要なポイントになります。

no.5

新着求人お知らせ機能

求人サイトによっては毎日数十件の新しい求人が入ってくるでしょう。そのため、毎日サイトをチェックするのは大変なことです。そこで、自分に希望条件に適した求人が出てきたときに新着情報をメールなどでお知らせする機能があるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

良い職場を探す方法

JOB SEARCH

給料は低めに設定しよう

求人サイトを使用する際に、便利なのが求人検索です。自分が希望する条件を選択して検索を行なうと、それに適した求人が表示されます。この求人検索ですが、希望する給料を入力する際に少し低めに設定しておくと良いです。基本的には「最低でもこれくらいは必要」という金額を設定しましょう。そうすることで、色々な求人がヒットして選択する幅が広がりますよ。

実年齢より少し下で探す

なぜ、実年齢より下で求人を探すのかと言うと、中には経験を重視する企業が存在するからです。貿易事務やタクシードライバーも経験を重視するところはあります。なので、求人の年齢を超えている場合でも、その職種を過去に経験していればスタッフに相談することがおすすめです。その企業が即戦力を募集していれば、スタッフが採用担当者に相談して面接を行ない、即採用される可能性があります。

社会保険は完備されているか

社会保険とは主に雇用保険や労災保険、健康保険、厚生年金保険の総称です。求人情報に社会保険完備、社保完など4つの保険が記載されていれば、すべてに加入しているということになります。この社会保険に加入していないと、国民健康保険や国民年金の保険料を自己負担で払う必要があり、さらには失業したときの雇用保険も受け取ることが出来ません。そのため、求人サイトや派遣会社で探す際は必ず社会保険完備の企業を選ぶことです。

貿易事務やタクシードライバーになるためのQ&A

未経験で出来る貿易事務はどんな仕事ですか?

最初は輸出入の英文書類作成や書類のチェック、倉庫での輸出入貸物管理などのアシスタント的な仕事からスタートします。仕事を行なっていく上で、基礎的な用語や書類の作成方法、流れはしっかりと把握することが大切ですよ。

英語があまり出来ないのですが、貿易事務の仕事は出来ますか?

貿易事務で取り扱う書類の約8割は英語の書類になります。そのため、採点減の単語力や読解力は櫃世になります。ですが、海外とのやり取りがない貿易の仕事もありますよ。英語が好きな人なら、英会話は苦手でも問題はありません。

貿易の資格はどんなものがありますか?

一般的に知られている貿易の資格として、貿易実務検定や通関士などがあります。そのほかにも、IATAや国際航空貨物輸送の資格もありますよ。このような資格を持っていれば、貿易事務の仕事をスムーズに行いやすいでしょう。

タクシードライバーにはどのような資格や知識がいるんですか?

タクシードライバーになるために、二種免許が必要になります。自動車免許の中でも二種はプロの証です。また、東京や大阪などの特別な地域のタクシードライバーを目指す際は、地理試験を受けないといけません。都市部で仕事をする際に取得は必須です。

持病があるとタクシードライバーになれないの?

タクシードライバーは糖尿病や心臓疾患、肝硬変を患っている方は採用の際に問題とされます。タクシーの仕事は、1回のシフトで長時間運転するのが当たり前なので、健康でいなければ継続していくことが困難な職業になります。

広告募集中